どんぐり倶楽部オンライン通信 【2022年7月号】

2022/07/01 (Fri) 10:00
☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆
考える力・絶対学力を育てる
=どんぐり倶楽部オンライン通信=
どんぐり教育研究会発行 (カニ先生)
2022/07/01
☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆
このメルマガは、どんぐりオンラインメンバーに登録された皆さまへ配信しています。
配信不要の方は、タイトルを「配信不要」に書き換えてそのまま返信してください。次号から配信を停止します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆今日から7月です。今年も暑い夏になりそうですね。
私の秘密兵器は「アイスデオトラントスプレー」と、地味に「小型のうちわ」です。バックの中にうちわをいれて、パタパタやってます。皆さまも工夫して、酷暑の夏をのりきってくださいね。

◆ホームページに重要な「お知らせ」を掲載しています。お時間のあるときに、ご確認いただけますと幸いです。

■当会のホームページをリニューアルしました。新教材(国語の読解)も公開しています。

■指導者養成講座の新規受付は、しばらくの間休止とさせていただきます。

◆下記の「家庭学習サポート教材」を販売中です。

『計算問題の手引き』(小学校1~6年生までに対応、家庭学習の補助教材として使えます)

『九九れんしゅう帳』・『かけ算・わり算練習帳』・『三角視算表』セット(2年生から)
学校で「九九」を機械的に暗記して覚えると、翌年には「さっぱり忘れている」という親御さんからのお話をよく頂きます。ぜひこの教材をご利用いただき、無理無駄のない計算の練習にお役立てください。

『いじわるスズメの計算練習帳』(4年生から6年生、中学受験生)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今日のもくじ】
◇〔1〕子どもが勉強好きになる子育てとは(その144)
◇〔2〕どんぐり問題への取り組みをサポートする『学習の手引き』(年長さん~6年生)を販売中です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇〔1〕子どもが勉強好きになる子育てとは(その144)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■先日、ある親御さんから、次のようなご質問をいただきました。

「国語の読解の教材が販売されました。わが家はまだ3年生ではないのですが、在庫限りというのが気になりました」
「この教材は、今後のために必要でしょうか?」

■実は、「国語の読解」の教材は、現在のところ「在庫限り」で、そのあと再販売するかどうかは未定です。再販売できたとしてもすぐではなく、かなり期間をおいたあとになる可能性があります。

この問題集は、教材販売のページにありますように「塾業界で評価の高い」問題集に、当会が解説をおつけして、さらに「作文の書き方」まで加えて、1冊で国語力をあげることができるように仕上げたものです。

■この問題集は、「短い文章」から徐々にステップアップしていきますので、短い文章は「お子さんの読み物」として使い、「絵を描いてみるだけ」でもいいです。

実は、「子育て中の親御さんが最も勉強したほうがいい科目は国語である」というのは、共通して多くの教育本に書かれていることです。

両親が、子どもと話すときに使う言葉が豊富であるほど、お子さんは「様々な語彙を自然にみにつけることができ」それが学力の基礎になるからです。

■今回のベースとなっている問題集には、例えば「感情を表す言葉」として「プラスの感情を表す表現にはこのようなものがある」「マイナスの表現を表す表現にはこのようなものがある」と、解説したページがあります。

例えば、マイナスの気持ちを表す言葉には、

1.「い」の気持ち……悲しい、寂しい、むなしい、やりきれない、情けない、つまらない、ものたりない、にがにがしい、ひどい、恥ずかしい、うしろめたい、やましい、すまない、気まずい、うとましい、いまいましい、持ちつかない、わずらわしい、もどかしい、じれったい、はがゆい、うるさい、弱い、あやしい、くやしい、しつこい、苦しい、いたたまれない、つめたい、こわい、とげとげしい

2.「ウ音」の気持ち(最後の音を伸ばすとウ音になる)……すねる、とほうにくれる、不安になる、おせる、追いつめられる、せっぱつまる、取り乱す、こんらんする、へこたれる、くじける、ふてくされる、がっかりする、ひるむ、たじろぐ、気にさわる、いらいらする、やけになる、けちをつける、あぜんとする、ぼうぜんとする、くやむ など
の言葉が掲載されています。

■ホームページの「どんぐりスマイル」(初期のころ私が連載していたマンガ&コラムにも書いていますが)これらの言葉はドリルを使って覚えることはほぼ不可能です。

やはり日常生活の中で、親御さんがお子さんの表情をみながら「今日は何か、とほうにくれているみたいね」とさらりと言えるご家庭のお子さんが、「本当の学力のあるお子さん」に育ちます。国語力はすべての教科やコミュニケーション力の基礎です。

このように考えると、「親御さんのための国語の教科書」としても使えるのではないかと思います。

テストや受験対策用の「設問解釈」も、実際の直近の中学入試問題を例に、解説しています。

■『小学国語 読解の基礎』の詳細はこちらをご覧ください。

(次回に続く)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇〔2〕どんぐり問題への取り組みをサポートする『学習の手引き』(年長さん~6年生)を販売中です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご質問やご相談はメールにて24時間受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。
返信が遅れることもありますが、あらかじめご了承ください。
※次号の配信は未定です。